このページでは、飲みやすいDHAサプリについて、ランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「飲みやすいDHAサプリを探している」
  • 「小粒のDHAサプリってないの?」

といった方の参考になれば幸いです。

飲みやすいDHAサプリランキング

飲みやすいDHAサプリ第1位 佐藤製薬【美健知箋(びけんちせん)EPA&DHA】

飲みやすいDHAサプリ第1位 美健知箋EPA&DHAの特徴
美健知箋EPA&DHAの特徴は

  • EPA・DHAが1包あたり750㎎と高い含有量
  • シームレスカプセルでのどの通りが良い
  • 体内で溶けるスピードが2倍
  • 製薬会社による徹底した品質管理
  • 定期コースは初月からでも解約OK

といった感じです。

価格 通常6480円⇒初月限定1000円(税込)送料無料
評価
容量 1箱30包(30日分)

美健知箋EPA&DHAの総評

美健知箋(ビケンチセン)EPA&DHAは、佐藤製薬が、あのユンケルなどを開発したノウハウを生かして作り上げたDHA・EPAサプリです。

他のメーカーのDHAサプリに比べて飲みやすい小粒状で、継ぎ目のないシームレスカプセルなのでとても飲みやすいサプリと言えますね。

酸化を防ぐためにタミンEを配合したり、アルミパックの個包装にしたりと、品質を維持するための工夫が徹底してあるところはさすが製薬会社のサプリだと思います。


飲みやすいDHAサプリ第2位 ミリオン【さらさら青魚】

飲みやすいDHAサプリ第2位 さらさら青魚の特徴
さらさら青魚の特徴は

  • 業界最小粒で飲みやすい!
  • EPA含有率が業界トップクラス
  • 酸化防止に「レスベラトロール」を高配合
  • 定期コースで1日たったの38円
  • 焼津・清水港水揚げのまぐろのみ使用

といった感じです。

価格 通常1500円⇒定期コース初回500円(税込)送料無料
評価
容量 1袋90粒入(約30日分)

さらさら青魚の総評

さらさら青魚は、数々の健康食品や健康飲料を手掛けているミリオンから販売されているDHA・EPAサプリメントです。

業界トップクラスのEPA含有率を誇り、しかも業界最小粒の極小サイズなので、飲みやすい高濃度サプリと言えますね。

長寿遺伝子で注目されている「レスベラトロール」を配合することで、酸化に弱いDHA・EPAの品質を維持しています。


飲みやすいDHAサプリ第3位 さくらの森【きなり】

飲みやすいDHAサプリ第3位 きなりの特徴

きなりの特徴は

  • 1日あたりDHA・EPA・DPA合わせて510㎎摂取
  • 3年連続モンドセレクション最高金賞受賞
  • 酸化を防ぐ「クリルオイル」配合
  • 「ナットウキナーゼ」配合でサラサラ成分アップ
  • 15日間返金保証あり

といった感じです。

価格 通常5695円初回特価1980円(税込)送料無料
評価
容量 1袋120粒(約30日分)

きなりの総評

きなりは、DHA・EPAに加えて、EPAの10倍のサラサラ成分と言われる希少なオメガ3脂肪酸「DPA(ドコサペンタエン酸)」まで配合してあるDHAサプリです。

その品質と飲みやすさ、そして人気の高さは、3年連続してモンドセレクションの最高賞である金賞を受賞していることからも分かりますね。

もしも合わない場合でも、15日以内であれば商品代金が返ってくる返金保証がありますので、お試し感覚で始めやすいサプリだと思います。


飲みやすいDHAサプリ第4位 日清食品【DHA EPA+ケルセチン】

飲みやすいDHAサプリ第4位 DHA EPA+ケルセチンの特徴

DHA EPA+ケルセチンの特徴は

  • 1日あたりDHA・EPAの含有量は500㎎
  • 1日あたりケルセチンを100㎎配合
  • 独自処方で魚臭さをカット
  • 契約回数・期間の制限なし
  • 全国どこでも送料無料

といった感じです。

価格 通常5500円⇒初回限定1980円(税抜)送料無料
評価
容量 1瓶120粒入(約30日分)

DHA EPA+ケルセチンの総評

DHA&EPA+ケルセチンの1日あたりの摂取量は、DHA・EPAが青魚約3匹に相当する500㎎、ケルセチンがタマネギ約2個に相当する100㎎と驚きの濃厚配合です。

あの日清食品が開発・製造に取り組んだサプリで、独自の処方により魚油特有の生臭さを感じさせないように出来上がっていて飲みやすいところが魅力です。

定期コースは、配送日の変更や休止が出来ますので気軽に始められるサプリと言えるでしょう。

DHA・EPAの働きについて

頭がよくなる、健康や美容、ダイエットに効果的といわれているDHA・EPAは有名な健康栄養素として聞いたことある方も多いと思います。

このDHA・EPAの正体はオメガ3脂肪酸というものの一種です。

オメガ3脂肪酸は、DHA・EPA・αリノレン酸の総称の事です。

オメガ3脂肪酸に属するDHA、EPAの特徴から、期待できる効果効能はたくさんあります。

代表的なものには、下記に上げるものがあります。

  • 血栓を予防する。(血栓は、血管を詰まらせる要因になります。EPAを継続的に摂取することで、血液の流れを良くすることができ、血栓が原因で起こる病気を予防できます。)
  • 悪玉コレステロールを下げる(加齢や食生活の乱れにより、悪玉コレステロール値が上がりやすくなります。DHA、EPAは悪玉コレステロール値を下げる働きに加え、善玉コレステロール値を上げる作用があります。)
  • 中性脂肪を減らす(中性脂肪も様々な病気の原因となりますが、EPAには中性脂肪値を下げる作用があります。)
  • 認知症予防、脳を活性化する(オメガ3脂肪酸には、認知症予防・症状進行抑制の効果が期待されています。世界各国でその効果が実証されてきています。)
  • ストレスに強くなる(強いストレスを受けても、オメガ3脂肪酸の濃度が高いと交感神経の昂ぶりを抑制することが分かりました。)

これだけ、私達の脳や体を健康にしてくれる効果が多い事が立証されているオメガ3脂肪酸の働きは素晴らしいですね。

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は?

オメガ3脂肪酸は血液の流れをスムーズにし、体内の炎症を抑制する等の働きがあります。

それにより、年齢を問わず健康・美容・ダイエット効果が期待できる成分です。

そのため、赤ちゃんからお年寄りまで、どの年代の方にも積極的に摂取する事が推奨されています。

では、どんな食品にオメガ3脂肪酸は多く含まれるのでしょうか。


オメガ3脂肪酸は、魚の中でもイワシやサンマ、ブリやマグロ等の青魚に多く含まれます。

その他には、くるみやエゴマ油に多く含まれています。(魚にはDHA・EPA、くるみやエゴマ油にはα-リノレン酸が豊富です。)

オメガ3脂肪酸が足りなくなると、脳機能の低下だけでなく、肌や代謝にも影響を及ぼします。

つまり、オメガ3脂肪酸は、体機能を正常に保つ上で必要不可欠な栄養素になります。

α-リノレン酸からもDHAにEPAに変換されますが、研究によるとその変換割合は2~10%程になってしまいます。

そのため、オメガ3を摂り入れる場合、DHAやEPAを直接摂取したほうが効率的になります。

これが、オメガ3脂肪酸を摂取するには、青魚に含まれる魚油が王様と言われる所以です。

普段から意識して摂取するようにしましょう。

DHAサプリで不足分を補いましょう

青魚に多く含まれるDHAとEPAは、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする効果がある等、健康のために積極的に摂取した方が良いと言われています。

しかしながら、一般的なビタミンなどと違い、オメガ3脂肪酸は、体内では自動的に生成されないので、食事もしくはサプリメント等を通して摂取していく必要があるというのも特徴です。

厚生労働省は、1日1g以上のDHAとEPAの摂取を推進しています。

これは、マグロのトロの刺し身だと3~5切れマイワシの焼き物だと1~2尾ほどの量になります。

魚が苦手な方など毎日の食事だけでこれだけの量を補うのは、中々難しいと思います。

また、魚だけではなくて、他の肉料理等も食べたくなる日もあると思います。

そんな時に活躍するのが、DHA、EPAサプリメントです。

1日の理想摂取量の足りない分をサプリメントでフォローする事が出来ます。

サプリメントなら、簡単かつ効率的にDHA、EPAを体内に取り入れられるのでおすすめです。

現在では多くのメーカーから様々なタイプのサプリメントが販売されています。

DHA、EPAの含有量、魚の特有の匂いが苦手な方は、匂いが無いものを選ぶ、粉タイプかカプセルタイプか自分の飲みやすい方をにする等、自分に合ったサプリメントを選ぶのが長続きするポイントになります。

サプリには副作用はありませんか?

血をサラサラに流れやすくしてくれて、脳を活発にしてくれるDHAと、健康に良いとされ、メタボリックシンドロームや動脈硬化を防いでくれるEPA。

どちらも積極的な摂取を推進されている注目の栄養素です。

そのため世界中の主要な機関が研究を重ねており、多くのメーカーから様々なDHA、EPAサプリメントが販売されています。

積極的に摂取したいけれど、サプリメントを服用する事による副作用を気にされる方も多いと思います。

結論からいうと、DHAもEPAも魚に含まれる脂肪酸、自然にあるものなのでサプリメントも医薬品ではなく、自然由来の健康成分であるため、副作用の心配はありません。

また、各メーカーでは国の厳しい基準と検査をクリアしているものだけに、販売許可がおりているので安心して服用頂けます。

しかし、体にいい成分だからといって摂り過ぎは禁物です。

DHA・EPAは多く体に取り込んでも、一定以上増えないよう余分なものは体外に出て行く性質があるので、過剰摂取の問題が出ることは少ないと言われています。

ただし、DHA・EPAも脂肪酸なので、消化にやや負担になる場合もあります。下痢や吐き気、胃もたれなど、胃腸の不快症状が現れることもあるので、用法用量は正しく守りましょう。

また、アレルギーや薬との飲み合わせについては、ご確認の上サプリメントを服用するように注意しましょう。

飲みやすいDHAサプリ 私のイチオシは【きなり】

ここまで、小粒で飲みやすいDHAサプリをいくつか紹介してきましたが、私のおススメはやっぱり「きなり」です。

きなりは、数多くの健康食品を取り扱っている「さくらの森」が、魚のプロである「マルハニチロ」と共同開発して作り上げたDHA・EPAサプリメントです。

きなりには、一日に必要なオメガ3脂肪酸をサポートできるだけのDHA・EPAがたっぷりと配合されています。

その含有量は、DHAが300mg、EPAが100mg、そしてEPAの10倍のサラサラ成分と言われる希少なオメガ3脂肪酸「DPA(ドコサペンタエン酸)」が15mgと、バランスよく配合されているところが魅力です。

国際的な評価機関であるモンドセレクションで、3年連続して金賞を受賞しているというところからも、その品質の良さや飲みやすさ、そして人気の高さがうかがえます。

きなりには、世界が注目する新素材「クリルオイル」も配合されていて、酸化に弱いDHAやEPAを品質の劣化から守っています。

定期コースは、初回分の価格が手ごろな金額になっているので、初めてのDHAサプリでも手を出しやすいところも魅力です。

また、もしも合わない場合でも、全額返金してくれるシステムもあって安心です。

成分的なこと、評判、価格的なこと、様々な面で判断して、私は「きなり」をおススメします。

更新日:

Copyright© DHAサプリ小粒で飲みやすいサプリメントまとめ , 2017 All Rights Reserved.